講師紹介 | ボーカルスクール 横浜 VoiceFreaks

ボーカル スクール 横浜 VoiceFreaks | 本場アメリカ式ボイストレーニング、ボーカル教室

VoiceFreaks の講師陣をご紹介します♪

VoiceFreaksMusic代表、VoiceFreaks代表
チャーリー川島

担当コース:アーティストコース

♪歌声を聴いてみる(1)
♪歌声を聴いてみる(2)

神奈川県横浜市出身。

中学生時代より歌をはじめる。

1997年19歳で本格的に歌を学ぶため渡米留学。

L.AにあるPCC(パサディナ・シティ・カレッジ)ゴスペルクラスに所属中に
ゴスペルシンガーであり教会のマザーでもあるベティー・グリフィン・ケラーに師事。

その後、2002年からL.Aの黒人系教会N.M.M.B教会クワイヤに
ゴスペルシンガーとして所属し、クワイヤのリードシンガーも務める。

また、R&Bシンガー「ジョナサン・ジョンソン」の
バックボーカルを唯一のアジア人として務める。

アメリカの教会のゴスペルクワイヤを指導した経験も持つ。

2006年から横浜にてボーカルスクール「Voice Freaks」を立ち上げ、
通算1500名以上の生徒を育成。

個人レッスンからグループレッスン、R&Bグループのプロデュース、
英会話クラス、作詞作曲、レコーディング、アメリカ音楽留学など幅広く展開中。

また、2013年からは音楽レーベル「voicefreaks music」を発足。

現在は次世代のアーティストの育成、楽曲制作・配信、
テレビフジテレビ(にじいろジーン)、ラジオ等、イベントプロデュースを手がける。

講師はアメリカ音楽留学経験者が中心!

ボイトレ横浜VoiceFreaks講師 emma

VoiceFreaks ボーカル科講師 emma(エマ) 先生

担当コース: ベーシックコース、アドバンスドコース

幼少期からピアノ、ソルフェージュ、聴音を学び、
中学高校でフルート、楽典を学ぶ。
大学ではアマチュアオーケストラ横浜交響楽団にてフルートを担当しアカペラサークルでも活躍。

卒業後はオフィスワークのかたわら、
通学していたボーカルスクールでトレーナーとして認められたことを契機に
フリーでボーカリストとしての活動を始める。
その後ジャズボーカルと出逢い、銀座のジャズクラブで歌い始める。

2016年
横浜SPEAK LOWでステージデビュー。
同年、代々木NARUのボーカルオーディションに初参加で受賞。

2018年
更なるスキルアップのため、アメリカはNYへジャズ留学。
cynthia scott氏に師事。
本場のジャズを学び帰国。

これまで南青山Body&Soul、銀座SWING、代々木NARUなど数々出演。
現在も東京、横浜を中心にジャズ、ボサノバ、R&B、邦楽曲も取り入れ、自らのアレンジによるこだわりのステージで精力的に活動中。

確かな音楽教養、丁寧な楽曲の解釈、
低音から高音まで伸びるエレガントなボーカルを持ち味に日々、生徒指導に当たっている。

VoiceFreaks講師 aya

VoiceFreaks ボーカル科講師 彩(Aya) 先生

担当コース: ベーシックコース

神奈川県横浜市出身。
小学生の双子の母。

4歳から17歳までピアノを続け、音に対する耳を育てる。
常に音楽は身近にあったが、歌を歌うことは趣味にとどめ、他分野の仕事に就く。
結婚後、双子を出産。母業に専念。
その後、3歳になった息子に病気が発覚。
闘病生活を息子と共に送る中、自身の人生にも目を向ける。
退院後、心の片隅にあった『本格的に歌いたい』という想いに挑むべく、30代でvoicefreaksの門を叩く。
ボーカルグループAmber結成。
リーダーを務め、ハーモニーの構成を担当。
また、ソロでバンドとのセッションやチャリティライブ等、活動の場を広げる。

「挑戦するのに年齢は関係ありませんよ♬」
をモットーに歌い続けるママシンガー。

得意分野:kidsレッスン、親子レッスン、
グループレッスン、80〜90年代洋楽邦楽ポップス

VoiceFreaks講師 kevin

VoiceFreaks ボーカル科講師 KAN(カン) 先生(仙台エリア担当講師)

担当コース: ベーシックコース

学生時代より、バンドやユニットとして音楽活動開始。その後、オリジナル楽曲によるギター弾き語り活動を行う。

洋楽の魅力に引き込まれ、R&BのルーツであるアメリカL.Aへ音楽留学。ブラックミュージックの感性やボーカルマインドを学び帰国。

帰国後は、ボーカルグループシンガーとして活動をしつつ、国内外、様々なボーカル技術を習得してきたノウハウを生かし、ボーカル&ボイストレーナーとして指導に当たり、延べ300名以上を担当。

現在、タレント養成所や将来プロ歌手を目指す若手の育成も行っている。

発声の基礎から、R&B特有のニュアンスの作り方まで、個々の個性を活かした、分かりやすい指導法が定評。

得意分野:発声ニュアンス、フレージング、ボーカルリズムアレンジ、ムードのある楽曲、邦楽、洋楽問わず。

ギター弾き語りレッスン kevin

VoiceFreaks講師 tony

VoiceFreaks ボーカル科講師 Tony(トニー) 先生

担当コース: ベーシックコース、アドバンスコース

VoicefreaksのR&Bボーカルグループ「JAM SOUL」でシンガーキャリアをスタートさせる。

ボーカルグループとして都内や横浜を中心としたライブ活動の他に、LAへの音楽留学やインディーズレーベルの所属アーティストへの歌唱指導や楽曲提供を行い、
現在はボーカリストとしてはもちろん、作詞・作曲・編曲・トラック制作と幅広く活動をしている。
2014年より、Voicefreaksで講師を務める。
発声・音感・リズムという歌における基礎技術から応用技術、実践への落とし込み、さらには音楽センスの磨き方まで全てをサポート。
弾き語り・作曲を想定した"ボーカリスト向け"の音楽理論にも対応。

影響を受けたアーティストはR・ケリー、ブライアン・マクナイト、ボーイズllメン、エリック・ベネイ等。

VoiceFreaks ゴスペルクラス講師 Toshi Maezawa

VoiceFreaks 特別招聘講師 R&Bピアニスト Toshi Maezawa 先生


アメリカで数々の黒人シンガーと共演し活動。

幼少のころからアメリカのブラックミュージックを聴いて育ち、感性が完全にアメリカ人であることが国内でも評価され、多忙な中、後進育成にも勤しむ大ベテランの歌者 系R&Bピアニスト。

VoiceFreaksでは、R&Bクラスのピアニストを担当し、2012年からはR&Bなどのブラックミュージックを、座学・応用・実技までわかりやすく教える『最強R&B講座』を開講。

Voice Freaks 代表から、あなたへのメッセージ

ボーカル スクール 横浜 代表チャーリー川島 ボーカル スクール 横浜 代表チャーリー川島

 

こんにちはVoice Freaks代表 チャーリー川島です。

今ナゼ??
たくさんのボーカルスクールやゴスペルクラスがある中、
voicefreaksが選ばれるのか??


ナゼ??
すでにプロのシンガーや他のボーカルスクールの講師の方々まで
さらなるスキルアップにvoicefreaksに通うのか?


その答えはとてもシンプルです。

レッスンをR&Bに特化した、
R&B専門ボーカルスクールだからです。


そしてなにより、
アメリカの黒人系教会でゴスペルシンガー、
本場L.AのステージではR&Bシンガーを勤めてきた
日本人が講師だから
です。

(R&Bのルーツはゴスペルです)

 

しかも格安のレッスン料で。

 

「だったらアメリカ人の黒人さんに習えばいい」

そう思いますよね?

 

事実、僕も昔そう思いました。そして渡米しました。

しかし、10年以上の年月と労力、そしてたくさんのお金が必要でした。
しかも、黒人さんの先生は最初から歌が上手かった人がほとんど。

 

つまり、日本人の生徒さんがなぜ歌えないのか理由がわからない場合が多い。
(注・黒人さんの先生を否定しているわけではありません)

ついでに僕は最初、言葉もまったく通じず大変でした。

 

これから、あなたも同じことをしたいでしょうか?

 

しかも、働きながら、学校に通いながらだとかなり難しいと思います。
(それはそれで価値のあることだとは思いますが)

でも、スゴく大変ですよ!僕が証人です(笑

では、日本で長く歌の先生をやっている日本人の方に、
ゴスペルやR&Bを教わるのはどうか?

 

これも結局同じこと。

本物をやったことがないのだから、本物は教えようがないんですよね。

 

だから、なぜかR&Bやそのルーツであるゴスペルを
「クラシック音楽」の楽譜や理論で表そうとしたり、(ゴスペルに譜面は使いません)
マイクが無かった時代のオペラの発声法でレッスンしたりします。
(マイクで良いパフォーマンスを出したいですよね)



もちろん日本古来の音楽である、演歌や民謡、島歌等を習うなら間違いないです。
でも、それだったらそれ専門の演歌教室があり、
いい先生がいらっしゃるのでそちらをオススメします。

 

さてそこで!

その黒人音楽と日本人の「橋渡し」をするのが僕の役目だと気付いたのです。

 

ん!?まてよ…

 

そもそも、なぜアメリカ式のボイストレーニングや、
ボーカルテクニックを学ぶ必要があるのでしょう。

 

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

 

なぜ、日本人シンガーとアメリカ人シンガー(特に黒人さん)の歌唱力は根本的に違うのだろう??

と。

 

日本人の歌手の中ですごく歌が上手いというレベルは、
アメリカ人の歌手と比べてしまうとごくごく平均レベルです。

 

確かに、多少の骨格の違いや、人それぞれに音楽的センスは異なります。

 

しかし、
アメリカ式の正しいボーカルトレーニングを行えば、
黒人さんの持つ歌唱力に最短距離で近づくことができます。

 

 

どうせやるなら、
最初から本場アメリカ式のボーカルレッスンを
受けた方がよいと思いませんか?
遠回りはさせません!

 

そこに気づいた方々が、現在生徒さんとして日々レッスンに励んでいます。

 

少なくとも、今日それに気づいたあなたなら
日本人の歌唱レベルを必ず超えることができます。

 

Voice Freaksでは、
黒人さんのように歌うにはどうすればいいのか?
その練習法とは何か?

 

それをダイレクトにレッスンしているから選ばれるのです。

そう!日本人の声が国境を越える方法をレッスンしているから選ばれるのです。

 

 

そうは言っても、いきなりそんなレベルは無理だよ…。

そんなつぶやきが聞こえてきそうですが、

 

大丈夫です。

 

高い声が出ない、声量がない、自分がオンチだと思い込んでいる、腹式呼吸ができない、ボイストレーニング、ボーカルトレーニングが初めての方でもご安心ください。

あなたに合わせた、きめ細やかな個人レッスンを行います。

 

他のボーカルスクールでうまくいかなかった経験者の方も、お任せください。

 

すでにプロのシンガーとして活躍している方、ボイストレーナー、歌の講師などを仕事としている方も多く通われているのには、やはりそれなりの‘秘密’があります。その秘密をコッソリ教えちゃいますので楽しみにして来てくださいね!

 

歌に対する概念が大きく良い方向へ変わることを約束します。

そして、あなたの夢や目標をかなえるお手伝いをさせてください。

 

ぜひ、一度スタジオに遊びに来てください。

 

あなたと同じ志を持った仲間がいます。

 

あなたに会えるのを楽しみにしています。

Voice Freaks代表
チャーリー川島

ボーカルスクール 横浜 体験レッスンのお申し込み

■お申し込みは24時間受付中!■

しかも、7月31日までに体験レッスン(2,000円/お一人様1回限り)を受講し、 体験レッスン当日に入会された場合は、入会費が¥10,000割引(¥30,000が→¥20,000)になります。
さらに!
その場でPayPalをご登録いただいた場合は 入会費が¥20,000割引(¥30,000が→¥10,000)になります。

 
VoiceFreaks代表
チャーリー川島
VoiceFreaks代表 チャーリー川島

こんにちは!チャーリー川島です。今ナゼ、たくさんのボーカルスクールやゴスペルクラスがある中、僕のボーカルレッスンが選ばれるのか?? メッセージの続きは…
プロフィールはこちら


シェアする

音楽留学

推薦者の声

VoiceFreaks Facebookファンページ


VoiceFreaksの社会貢献活動




ライブチケットの購入


ボイトレコンテンツ


ボーカル レッスン 関連リンク