「歌声の種類」  Tony

みなさん、こんにちは☀︎
VoicefreaksのTONYです

いよいよ梅雨も明け、夏本番といった感じでしょうか!

僕は今年も、
千葉は勝浦の海水浴場にでも行こうかと思います☆
みなさんご存知ですか??

南房総の海って、
めっっっちゃキレイなんです!!

砂浜は白くて、海は青い

関東の海としては想像できない「南国感」があるんです!
江ノ島に慣れた身としては信じられないレベルです。笑

さて、
今回はレッスンでもよく質問される項目、
「声の種類」について書いてみようか思います。

R&Bやソウルなどのブラックミュージックがメインとはいえ、
レッスンでは様々なジャンルの曲を練習曲として扱います。

いろんな種類の曲を聞いてみて僕なりに分かったこと、

それは

【歌声の種類は大きく分けて2種類】

ということです!

これは「地声・裏声」という話ではありません。笑

どういうことかを説明しますと、

○エッジの効いた、パンチのある声
○空気感のある、柔らかい声

の2種類があるということです。

マライア・キャリーも
アリシア・キーズも
ブライアン・マクナイトも
エリック・ベネイも…
みんなこの2種類の声質を使い分けて、
歌に波をつけているんです。

前者は、
物理的に音が拡大していく「共鳴」の原理を活かした、
響きのポイントに声を当てるということ

後者は、
太く「空気」を吐き出して声をブレンドさせるということ

共通して言えるのは、
どちらも「パワー」には頼らないというところです。

発声の基礎は【共鳴・空気】のコントロールにつきます。
この二つをしっかり自分の声と体に適した形で扱えれば、
それだけで歌に表情が出て魅力的になります!

詳しい練習法、その活用法については、、、
ぜひレッスンに足を運んでもらえたらと思います☆

では今回はこの辺で!
夏風邪に気をつけてお過ごしください♪

TONY

↓↓今すぐ本物のR&Bレッスンを体験したいかたはコチラ↓↓

voicefreaks_bn03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です