LINEレッスンを覗いちゃおう! チャーリー

本日はLINEレッスンの中で
とても良い参考になりそうなKさんとのやり取りをここでご紹介したいと思います。
Kさんの歌声はコチラ→https://m.soundcloud.com/annie1103/colors-of-the-wind

「Kさんの場合」

Kさんからのメッセージ:

こんばんは。よろしくお願いいたします。
Vanessa Williams のColors Of The Wind です。

もっとのびのび歌いたいです。

過去に録音したものです。マイクがないのでお風呂場で歌いました。

あと私は洋楽のPOPが好きですが、(ディズニーの映画ソングやアイドル系など)私の声にはどんな歌手の歌が合っているのかわかりません。もしアドバイス頂けたら嬉しいです😊

*******

チャーリーの返信:

Kさんこんにちはチャーリーです。

LINEレッスン応募ありがとうございます。

まず最初にですが、

マイクがないからといってお風呂で歌わなくても大丈夫です。

その歌っている人がどう歌っているのか、

また何をどのくらいやれば、どのくらい上達するのかはすぐ見えますのでね。

生声でも、録音質が低くても大丈夫です。

ただし、

もしあなたが普段からお風呂で練習をされているのなら、それはあまりオススメできません。

なぜならお風呂の壁が勝手に反響してリバーブ(カラオケで言うエコー)がかかって自分が上手くなったようにカンチガイしやすいからです。

”練習”において重要なのは「自分の長所を伸ばすための改善点」を見付けることであり、気持ちよく歌うことではないからです。

ただ、本番直前でしたら自信をつけるためにお風呂で歌っても構いませんがね笑

また、「のびのび歌いたい」とのことですが、その原因は気持ちの問題ですよね。

「どんな歌手の歌い方が合っているのかわかりません」

という言葉からもわかるように、

あなたは外側に答えを求めてしまっています。

もちろんたくさんのシンガーの歌い方を参考にするのは良いことです。

そしてそうしていると多少の声の合う・合わないは出てきますよね。

でもそれは”声質”によるところが多いはずです。

音域や声量はキーの変更やトレーニングで対応できても、声質はそう簡単にどうこうできるものではありません。

なぜなら声質はあなたの個性だからです。

むしろその個性を活かすべきです!

ぶっちゃけ

自分の個性でイイカンジに歌っちゃえば

どんな曲でも合うんです笑

まずは自分の声を愛してください。

さてさて、

ちょっと前置きが長くなりましたが、

実際、聴いてみるとあなたはとてもツヤのある声質をお持ちです。

まずは何よりそこに着目しましょう!

ただし、聴いてる側があなたがのびのび歌ってないように感じてしまう要素もあります。

それは言葉を選ばずに言うなら

”音がダンゴになってる”

からです。

つまり音がブツ切りに聴こえるのです。

まぁ別にブツ切りにして歌ってるわけではないと思いますし、ブレスもそこまで多くないです。

目立った間違いがあるわけではありません。

でもブツ切りダンゴになってるんです。

それが「のびのび」と歌えない・聴こえない大きな原因の1つです。

では、ダンゴに聴こえるのはなぜか?

こういったバラードはアップテンポの曲とくらべると、当然1フレーズ1フレーズが長めですよね。

あなたは真剣に歌うあまりに、毎回その1フレーズ(もっと言えば一字一句)の頭に多めのエネルギーと息を使い過ぎていて、残念ながらフレーズのオシリが全て、エネルギーが下がり気味です。(音程はフラットしていません)

超シンプルに言うなら

「一字一句 全てが細かなデクレッシェンド」

になっちゃってるということです。

それが原因で聴いてる側は

がんばっているのは伝わるのですが、

ちょっと耳が疲れてしまったり飽きさせてしまうのです。

歌詞の内容的にそうしたくなる気持ちもわかりますが、でもそればっかりではその持ち前のツヤのある声質は活きてきません。

モッタイナイです。

でも解決法はカンタン!

1フレーズ毎に頭は軽めに、そして尻上がり(クレッシェンド気味)に歌ってみてください。

それだけでご自分がツヤと伸びのある声なんだと気付けるでしょう。

そしてそうすることによってさらに、単語と単語のリンキング(リエゾン)部分にまで余力が残るので、そこに重要な音の変化やリズムのアクセントがあることを発見するはずです。

そして一通り慣れたらフレーズ毎に入力のし方やバランスを変えてみてください。

音の景色が変わるはずです。

それを扱えるかどうかがJpop風(がんばってます感を重視)と英語曲(ムード重視)の決定的な違いです。

*ちなみに余談ですが*

これは私の個人的な趣味・見解も入りますが、この曲はアジア風の音階で構成されていますので、いわゆるディズニー曲を洋楽らしく歌うとするなら不向きな曲、というかアジア風になります。

ポカホンタスはネイティブアメリカンつまりアジアからアメリカ大陸へ渡ってきた先住民族の話なので、だからディズニーとしてはアジアっぽいサウンドを使ったのかな?と思っています。

もちろん好きで歌うのに問題はありませんよ!

あなたがもっともっとイイカンジに歌えるよう願っています!

*******

Kさんからの返信:
先生、すっごく勉強になります‼️貴重なアドバイスを本当にありがとうございます😍今までどうしたらいいのかよくわかりませんでした。そうか❗️そういう事なのか💡と思いました☺️アドバイス通りに練習します🌈✨

 

↓↓いますぐ体験レッスンを申し込む↓↓
voicefreaks_bn03